News Release

佐賀市内のごみ発電電力の地産地消による環境価値を電子証書化するシステムを開発・検証作業に参加

この度、佐賀市において推進されている地域循環共生圏の一環として、ごみ発電の環境価値を見える化・価値化するためのブロックチェーン技術供与と検証作業にChaintopeが参加します。

佐賀市(市長:秀島敏行)では2010年に環境都市宣言が行われ、現在「地域循環共生圏」が推進されています。

佐賀市では清掃工場で生み出されるごみ発電による電気(再生可能エネルギー)を市内の公共施設に供給できるようになっており、「電力の地産地消」が行われています。
しかし、その環境価値を誰が見ても正しいと認められる形で公開するのは難しいという課題がありました。

そこで、Chaintopeが開発したブロックチェーンTapyrusを用い、誰もがその真正性を確認できる電子証書として公開する取り組みを始めます。

第一段階として、佐賀市清掃工場での二酸化炭素排出削減量の見える化、価値化から取り組みます。
具体的には、佐賀市清掃工場で生み出された再生可能エネルギー発電実績と佐賀市内公共施設での再生可能エネルギー電気供給サービス利用実績をブロックチェーンに記録し、佐賀市内で確かに電力が地産地消された証明として「資源循環証書」を発行する実証実験を行います。

Chaintopeでは、更に地域循環共生圏づくりにおける「炭素循環」、「人の循環」、「経済循環」の取組についてもTapyrusを利用した地域通貨の仕組みなどにより後押しし、持続可能なまちづくりに貢献することを目指しています。

ニュースリリース

PR TIMES リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加