日本語 English
ブロックチェーン技術の普及と研究開発
株式会社chaintope

Technology

パブリックブロックチェーンこそが、既存のデータベース技術を超越するポテンシャルを持った真に革新的な技術基盤であるとの考えに立ち、chaintopeはこれらの研究開発に重点を置いて活動してきました。

Bitcoinコミュニティー、Ethereumコミュニティーそれぞれに特化した先進的なエンジニアを擁し、先端技術のリサーチとコミュニティへのフィードバック、これらを踏まえたブロックチェーン利用サービスの実証実験やコンサルティングなどを行っています。

レイヤー2関連技術の研究開発

  • レイヤー2と呼ばれる、BitcoinやEthereumなどのブロックチェーンプロトコルの上に構築される様々な技術要素についてのリサーチを継続的に行い、適用事例の調査や実証実験に生かしています。
  • 技術研究開発例(レイヤー2と一般的に言われるもの、その他上位レイヤーに位置付けられる技術要素の研究分野事例):
    • Lightning Network
    • Plasma
    • Colored Coin : Open Asset Protocol, RGB…
    • Off-chain, Side-chain技術
    • Payment channel
    • Smart contract : DLC, Scriptless Script

 

パブリックブロックチェーンのベースレイヤー関連技術の研究開発

  • Bitcoinなどのブロックチェーンの基盤に用いられているコンセンサスアルゴリズムや、その基礎となる暗号技術などについてのリサーチを行っています。

 

独自プロダクトの開発 (Coming soon)

  • パブリックチェーン技術を様々な用途・サービスに用いていくためには、主にスケーラビリティ、スピードの面でまだ様々な技術的課題があります。chaintopeはこれらの課題を解決するための独自技術・独自プロダクトの開発を進めています。